第1回講義資料 2009/09/18

本日の内容
  1. 改訂版シラバスの配布
  2. 講義予定についての説明
  3. 成績評価についての説明
  4. 資料公開の方法/資料提供の方針についての説明
  5. 計算機アーキテクチャについて概要
  6. 次回の予定
コンピュータアーキテクチャ
  • コンピュータは原理は単純だが実際のしくみは複雑
  • ソフトウェア側からはプログラミングしやすく
  • ハードウェア側からはなるべく高性能に
  • ソフトウェア側から見た論理構造を統一したい
  • ハードウェア側からはプログラマに負担をかけない形で高性能化を
  • コンピュータの論理構造 = コンピュータ・アーキテクチャ
本来は建築世界の言葉

狭い意味のコンピュータアーキテクチャ
  • 命令の集合(命令セット)
  • 異なるコンピュータでも命令が同じならば同じプログラムが動く
    • Intel社のプロセッサとAMD社プロセッサは同じ命令セットをもつ
    • 同一のアーキテクチャであるという
  • 命令セットは特許の対象か?
広い意味のコンピュータアーキテクチャ
  • 論理的な設計すべてアーキテクチャと呼ぶ
  • 狭義のアーキテクチャ → 外部アーキテクチャ
  • 内部アーキテクチャ → コンピュータの内部構造、マイクロアーキテクチャ
その他のアーキテクチャ
  • メモリーアーキテクチャ
  • ネットワークアーキテクチャ
  • I/Oアーキテクチャ
  • 論理的な設計はなんでもアーキテクチャと呼ばれる
この授業で扱うアーキテクチャ
  • CPUとその周辺のアーキテクチャ
  • コンピュータの命令
  • コンピュータの内部構造
  • 高速化技術と歴史
  • プロセッサ周辺のアーキテクチャ
歴史的な流れ
  • コンピュータの歴史は50年
  • ほぼすべての情報が残っている
  • どうしてこのようなものが作られてきたか、その経緯がほぼわかる
  • 勉強する価値がある
コンピュータは2度生まれた
  • 大型汎用機の文化ができるまで → 恐竜の時代?
  • マイクロプロセッサが誕生しパソコンが普及する → ほ乳類の時代?
  • マイクロプロセッサは大型計算機とは独立した歴史の中で誕生し、大型汎用機を駆逐した
  • マイクロプロセッサ(マイコン)は電卓のために生まれた
  • ネットワーク技術を育てた
Ċ
Hideto Sazuka,
2009/09/17 6:54
Comments